PAGE TOP

2019.11.11

Blog

インフルエンザ対策は口腔ケアから

だんだん寒くなり冬の季節がやってきます。冬はインフルエンザが流行する時期になりますので、予防接種を受けられた方も多いと思います。

予防接種を受けた方でも口腔内環境を良くしないとインフルエンザになる可能性が増えてしまいます。お口の中の歯周病菌は、インフルエンザウイルスを侵入しやすくする酵素を作り出します。ウイルスが侵入してしまうと、喉や鼻の奥に感染し増殖していきますので、インフルエンザになる前に歯科医院で口腔内ケアをすることをおすすめします。

歯科医院での口腔ケアと共にご自宅では、手洗い、うがい、歯磨きをしっかりして予防しましょう。

歯磨き後、リステリンを使用するとさらに効果的です。