PAGE TOP

2020.01.27

Blog

咬み合わせと力の関係

こんにちは。

あべ歯科でございます。

今日は噛む力についてお話します。

噛んだ時、1本の歯に加わる力は自分の体重と同じぐらいで、1回の食事だけで

約600回噛むと言われています。

食事以外でも、重たい物を持つ時やスポーツをしている時、日ごろ様々なストレスが

あった時、寝ている時など日常生活のいろいろな場面で歯に負担がかかっています。

歯ぎしりや食いしばりは、80~90%の方がしていますが、音を出している人はほとんど

いないので、ご自身やご家族の方が気付くのは難しいです。

歯ぎしりや食いしばりの加わる力は自分の体重の約2~4倍と言われていて、

歯を失うリスク第3位にもなっております。

歯ぎしりや食いしばりによって、ご自身の歯が欠けたり、割れたり、詰物が取れたりしてしまいます。

ご自身の歯を守るために症状によりマウスピースの作製をさせていただきますので、歯ぎしりや食いしばりにお悩みの方や自分がしているのか気になる方はお気軽にご相談

ください。

 

 

「大阪 住吉 我孫子の歯科医院。あびこ駅(住吉区)すぐの歯医者です。
住吉区で歯医者をお探しならあべ歯科へ。
カウンセリングルームと最新の医療機器を完備、予防歯科、一般歯科、
インプラント、ホワイトニングなど、精密、痛くない治療、大人の口腔内ケア、
特に子どもからの予防教育を心がけて生涯むし歯0を目指しています。」