PAGE TOP

2020.11.08

Blog

喫煙がお口の健康に与える影響について!

こんにちは。

あべ歯科でございます。

今回は喫煙についてお話します。

まずタバコってそもそも何か説明します。

タバコには4000種以上の化学物質が含まれ、そのうち40種類は発がん性物質といわれています。

タバコの三大有害物質は「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」です。

ニコチンは依存性が強く、禁煙しようと思ってもなかなかやめれないのは、これが原因です。

タールはいわゆる「ヤニ」で、強い発がん性があります。住居の壁が黄ばんだりするのは、タールが原因です。

一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと非常に強く結びつきます。普通なら、ヘモグロビンは酸素と結びついて、

体中に酸素を運搬する働きをするのですが、一酸化炭素と結びつくと体への酸素供給が妨げられます。

その結果、タバコを吸う人特有の、肌の老化(お口周りのしわ・口唇の乾燥・白髪・歯や歯肉の着色・口臭)が起こります。

それに加えて、口腔・咽頭がんの発生率が3倍になるほか、味覚が鈍くなったり、口臭を悪化させたりします。

現在では、喫煙は歯周病の大きなリスク要因であることもわかっております。また、最近では子どものむし歯発生率や

歯内療法の予後も、親が喫煙者か非喫煙者かで左右されるとの報告もあります。

お口の中はタバコの煙が最初に通過する場所ですから、さまざまな悪影響をじかに受けるのです。

喫煙することによるお口の健康と身体の健康について一度考えてみてはどうでしょうか?

歯科医院でもお手伝い出来ることもございますので、一度ご相談ください。

 

「大阪 住吉 我孫子の歯科医院。あびこ駅(住吉区)すぐの歯医者です。
住吉区で歯医者をお探しならあべ歯科へ。
カウンセリングルームと最新の医療機器を完備、予防歯科、一般歯科、
インプラント、ホワイトニングなど、精密、痛くない治療、大人の口腔内ケア、
特に子どもからの予防教育を心がけて生涯むし歯0を目指しています。