PAGE TOP

こんにちは。

あべ歯科でございます。

くさび状欠損は、歯と歯ぐきの境目の所が削れている状態をいいます。

どのような症状があるかというと知覚過敏(飲食するとしみる、歯ブラシでこするとしみる)です。

歯が削れてくると、神経に近くなります。

歯の神経の近くの層はやわらかく、飲食すると、その刺激が伝わりやすいため

痛みやしみたりする症状がでます。

このくさび状欠損の原因はなにか?

・継続的に過度な力でハミガキをする

・噛み合わせや噛む力が強いと歯への負担となって削れていく

どのように治療するか?

まずは歯を削ったりしないで歯の欠損部に刺激を和らげる薬を塗っていきます(歯を一時的にコートします)

その後口腔ケアを行い、お口の中の細菌数を減らし、虫歯菌が繁殖しにくい環境をつくっていきます。

歯質強化のために、カルシウムペーストを塗っていくと外部の刺激から神経を保護するために、

「修復象牙質」ができて個人差はありますが、改善していきます。

このような知覚過敏でお困りの方は、一度ご相談ください。

 

 

「大阪 住吉 我孫子の歯科医院。あびこ駅(住吉区)すぐの歯医者です。
住吉区で歯医者をお探しならあべ歯科へ。
カウンセリングルームと最新の医療機器を完備、予防歯科、一般歯科、
インプラント、ホワイトニングなど、精密、痛くない治療、大人の口腔内ケア、
特に子どもからの予防教育を心がけて生涯むし歯0を目指しています。